asvin.jp
微弱低周波治療器 ASVIN(アスヴィン)は、経済的・即効&持続・小型&軽量・安心サポートの4拍子そろった治療器です。
■微弱電流療法
■製品情報
■お客様の声
■講習会
■治療院検索
■ご意見・ご質問
記事(コンテンツ)の内容に関するご意見やご質問はこちらから

発売元 一光化学株式会社

カウンタ
Top > 講習会 > 講習会報告 > 2004年3月28日開催 香川県高松市 香川県整骨会館

トータルコンディショニング講習会 レポート

日  時 2004年3月28日(日) 13時〜17時
場  所 香川県整骨会館   香川県高松市中野町13-1
対象者 主に柔道整復師、鍼灸治療師、関係者の方々
講  師 野田 哲由  (アビスパ福岡チーフトレーナー) 
内尾 政明  (かこた治療院院長) 
参加人数 50名

 本講習会は、トータルコンディショニングの必要性を説くと共に、マイクロカレント(微弱電流)を 使用した治療技術を伝授、披露し、患者さんに喜ばれる結果が出せる治療、生き抜くための経営に 少しでもお役に立てればという思いから開催されました。
 今回は、野田トレーナー、内尾院長を講師に迎え、尾路医科器械(株) 岡原取締役営業部長による 開会の挨拶で始まり、丸亀市 林接骨院 林先生の総合司会で講習会は行われました。
 受講者は主に柔道整復師、鍼灸師の方々が参加しました。

●野田トレーナーの講義
 まず、アビスパ福岡 チーフトレーナーで元Jリーグトレーナー協会会長の野田哲由氏を講師として、 「アビスパ福岡快進撃の秘密」と題し、トレーナーとして、プロスポーツ選手へのコンディショニング 実践方法とその結果について講演がありました。

 野田トレーナーは、平成15年2月にマイクロカレント治療器「アスヴィン」を導入しましたが、 チームの前期成績は、さまざまな理由から残念ながら揮いませんでした。
 しかし、山本教授、内尾院長、中島院長と鍼通電を確立した7月11日以降、新しいコンディショニングを 取り入れた後アビスパ福岡の詳細なデータを示し、「主力レギュラー選手の肉離れ等負傷者が少なくなり J2での勝率トップという高勝率に繋がった」とスクリーンを使い他のJリーグチームとの比較を 説明されました。
 その結果、チームの成績は、前期が下位から3番目だったものが、シーズン終了時には、 12チーム中4位へと躍進しました。

 実技では長年構築されたJリーグトップトレーナーのテーピング法や マイクロカレント治療器「アスヴィン」を使った治療方法を披露されました。
 実際にトップアスリートをケアしている急性捻挫のテーピング法や プローブ以外にもアルミ箔や通電シートを使ったアスヴィンの応用方法を指導されました。

 また、負傷時のリハビリには、ペットボトルの蓋など目の前の物が色々と道具になると 説かれ、部分的筋肉の強化法の方法についても実際に使われている方法を紹介されました。
 参加者も始めてみる治療方法などに大変興味を持たれたようでした。

●内尾院長の講義
 次に、かこた治療院 内尾政明氏を講師として、「身体を読む」というタイトルで 治療家としての心構えから、身体の読み方、治療体験を交えての実技を披露されました。
 内尾院長は、柔整、鍼灸、カイロ、整体、気孔など様々な技術を習得され、それらを応用した 実際の診察、治療方法などを説明されました。
 その中で、柔整師が陰陽五行を少し勉強する事、金粒や銀粒を手足の経穴におく事、エンビ鍼を 刺す事等で鍼灸師と同等の治療効果を得ることができ、患者さんにも喜んでもらえると話され、 より多くの引き出しを作ることで更に良い治療が出来ると説かれました。

 実技については、アスヴィンを用いて、人体にある9つのポイントに微弱電流を1日短時間、 1ヶ月程流すことで、脳脊髄液の流れから神経系、骨格及び重心のバランス、気の流れ、 リンパの流れ、副腎の調整など体が変わると新しい治療法を披露されました。
 実際に肩こりや手の痺れがある人に対して治療を施され、患者さんの訴える症状を即座に軽減される 等劇的な変化に参加者の方々も驚いていました。
 ストレス療法では、顔の治療指導をされましたが、内尾院長は、治療後に金粉入りの馬油を 使うことでより肌への効果が上がるとお話されました。 その他にもマッサージクリームをリンパ節に少量すりこんでマッサージすることで リンパの流れが変わり、血行促進がなされ、自然に体調が整うという治療法もお話されました。

 また、治療院の安定経営についても、内尾院長の完全自由診療に切り替えられた体験談から 患者さんが増す方法として、従来の目一杯の治療から少しやり方を変え、効率を上げて 1人あたり5分でも時間短縮をすることで、1日に換算するとかなりの余時間ができ、 心も身体もゆとりが持て、そのゆとりが患者さんを増やす近道でもあると、患者さんに喜ばれる 治療方法や技術、経営について熱心にお話をされました。


 4時間に及ぶ講習内容全てを吸収する事は難しく、講義終了後も講師の方々に真剣に質問される 参加者が多数おられ、ぜひ次回も開催して欲しいとの声が多数ありました。
 弊社としましても本年はこのような素晴らしい講師陣を迎え、講習会を中心として新しい山本郁榮教授の トータルコンディショニングをさらに広めて行きたいと考えております。

 各地区から講習会開催希望を多数頂いています。今後もご要望にお答えして、各地で開催して行きたいと 思っております。


平成16年3月31日

一光化学株式会社
 営業 青木 秀夫


↑TOP


ikko
Copyright © 2004 Ikko Chemical Inc. All Rights Reseved.