asvin.jp
微弱低周波治療器 ASVIN(アスヴィン)は、経済的・即効&持続・小型&軽量・安心サポートの4拍子そろった治療器です。
■微弱電流療法
■製品情報
■お客様の声
■講習会
■治療院検索
■ご意見・ご質問
記事(コンテンツ)の内容に関するご意見やご質問はこちらから

発売元 一光化学株式会社

カウンタ
Top > 講習会 > 講習会報告 > 2005年1月30日開催 鹿児島県鹿児島市 鹿児島アリーナ

トータルコンディショニング講習会 レポート

日  時 2005年1月30日(日) 10時〜16時
場  所 鹿児島アリーナ   鹿児島県鹿児島市永吉1-30-1
主催 南国医研
協賛 NPO法人 日本柔道セラピスト 鹿児島
対象者 主に柔道整復師、鍼灸治療師、関係者の方々
講  師 野田 哲由  (アビスパ福岡チーフトレーナー) 
参加人数 40名

 本講習会は、トータルコンディショニングの必要性を説くと共に、マイクロカレント(微弱電流)を 使用した治療技術やプロスポーツ現場でのテーピング技術を伝授、披露し、患者さんに喜ばれ結果が 出せる治療に役に立てればという主旨から開催されました。
 今回は、野田トレーナーを講師に迎え、主に柔道整復師、鍼灸師の方々が受講者として参加され講習会は行われました。

●野田トレーナーの講義
 プロサッカーチーム アビスパ福岡 チーフトレーナーで元Jリーグトレーナー協会会長の野田哲由氏を講師とし、 トレーナーとしてのプロスポーツ選手へのコンディショニング実践方法とその結果について講義がありました。
 チームプレーにおいて特に主力選手の負傷は勝敗に大きく関わりがあることから、プロトレーナーとして選手を いかに負傷から早く復帰させることが出来るかという心構えを持ち、日々コンディショニングをしているそうです。

 野田トレーナーは、平成15年2月にマイクロカレント治療器「アスヴィン」を導入され、  「アスヴィン」を取り入れた新しいコンディショニングによりチームの負傷者数が大幅に減少したと報告されました。
 「アスヴィン」は筋肉を弛緩させる力に優れており、痛みを和らげる時間も早く、負傷しても試合に復帰できる期間が 大変短縮出来ていると映像を交えて説明されました。
 「アスヴィン」を用いた実技では、肉離れ、足関節捻挫等に対して、プローブを使った治療法やアルミ箔や通電シートを使い 応用した治療法も披露され、「アスヴィン」で対応できる治療方法の広さを改めて実感しました。


 長年構築されたJリーグトップトレーナーのテーピング技術の実技に関しては 基本的な足関節テープの巻き方、実戦状況に応じたテープの巻き方を指導され、全員で体験受講しました。
 質疑応答では、試合中に膝の捻挫等の負傷を負った場合でも直ぐ試合復帰させる膝関節へのテーピング方法を 披露され、参加者はプロの高い技術に関心をもちメモを取るなど熱心に聞かれていました。

 4時間に及ぶ講習内容全てを時間内に吸収する事は難しく、講義終了後も講師の方に真剣に質問される 参加者が後を絶たず、ぜひ次回も開催して欲しいとの声を多数頂きました。


↑TOP


ikko
Copyright © 2004 Ikko Chemical Inc. All Rights Reseved.