asvin.jp
微弱低周波治療器 ASVIN(アスヴィン)は、経済的・即効&持続・小型&軽量・安心サポートの4拍子そろった治療器です。
■微弱電流療法
■製品情報
■お客様の声
■講習会
■治療院検索
■ご意見・ご質問
記事(コンテンツ)の内容に関するご意見やご質問はこちらから

発売元 一光化学株式会社

カウンタ
Top > 微弱電流療法 > 微弱電流治療器 > 微弱低周波治療の特性

微弱低周波治療の特性

 微弱低周波による治療には、以下のような特性があります。
 ■治療前
  痛みの部位またはその周辺には、腫れ、こり、局部の炎症、そして血行障害を伴っています。 この部分には発熱物質が他の部位より高濃度に存在しています。

 ■治療中
  微弱電流を流すことによりミトコンドリアを刺激して、ATPの合成を増加させ、エネルギーを増やすことで 細胞のイオン交換を活性化して、栄養補給と老廃物の排出を行い、細胞の活性化や血行を促進させます。

 ■治療後
  陰イオンが損傷を受けた部位に向かって移動して、細胞内外のイオンバランスを整え、損傷電流の働きを 行います。すなわち治療を重ねることで累積効果が生じて、痛み・コリを和らげていきます。



微弱低周波治療器  このように微弱低周波治療器によって痛みに関係している色々な筋をプローブを使って、ラビングすることで 生体電流の流れを整え、血行改善とマッサージ効果も加わり、痛みやコリを和らげて筋のバランスを調整し、 回復力を高めます。

 微弱電流療法のポイントを理解すれば、治りの悪かった患者さんにも直ぐに効果が期待でき、治療に幅が でてきます。



メリット

  2本のプローブで行うラビング方式でなので短時間(1部位1分〜1分30秒)で結果が出せます
  通電による治療で神経、筋組織に対して、痛み、刺激はほとんどありません
  「面」の治療が行えます
  簡単操作で誰でも使えます
  急性期、慢性期のどちらの治療にも使えます。
  生体電流に近い微弱電流なので細胞レベルの活性・修復が期待でき、即効性・持続性があります。
  他の治療器と併用することでより効果が出ます(但し、微弱低周波治療器は最後に使用)。
  即効性に優れている為、治療時間の短縮に繋がります。
メリット



ikko
Copyright © 2004 Ikko Chemical Inc. All Rights Reseved.