asvin.jp
微弱低周波治療器 ASVIN(アスヴィン)は、経済的・即効&持続・小型&軽量・安心サポートの4拍子そろった治療器です。
■微弱電流療法
■製品情報
■お客様の声
■講習会
■治療院検索
■ご意見・ご質問
記事(コンテンツ)の内容に関するご意見やご質問はこちらから

発売元 一光化学株式会社

カウンタ
Top > 微弱電流療法 > 姿勢による痛みの発生 > 姿勢が原因の痛み改善

姿勢が原因の痛み改善

 痛みが発生すると、原因を追求し様々な要因を考えますが、基本である正しい姿勢は忘れがちです。
 傾いた姿勢を正しくするための動作として、股関節開排運動、腕立て伏せがオススメです。
 股関節開排運動は、股関節の開排をすることで、内転筋群のうっ血がなくなり、前後左右の筋バランスを正常に戻し、 大腿動脈の循環が改善されます。またスポーツ後に行えばクールダウンにもなります。
 腕立て伏せは大胸筋、広背筋のうっ血がなくなり、左右のバランスが良くなり、鎖骨下動脈の循環が 改善されることで上肢の障害が少なくなり、クールダウンに繋がります。腕立て伏せが無理な人や床を広く使えない場所では 壁を利用した腕立てをするとよいでしょう。



治癒と鎮痛について

 治療と鎮痛は必ずしも一致しません。痛い箇所の痛みは一時的には消すことも出来ますが、治癒しているわけ ではありません。治るには時間が掛かりますが、治らなくても痛みが消えれば治癒したと勘違いする人が多くいます。 痛みの原因を追究し、その箇所を治してこそ治癒したといえます。痛みがあれば、日常生活上支障が発生しますので、 当面の痛みを取り除き完治させる治療も大切です。



ikko
Copyright © 2004 Ikko Chemical Inc. All Rights Reseved.