asvin.jp
微弱低周波治療器 ASVIN(アスヴィン)は、経済的・即効&持続・小型&軽量・安心サポートの4拍子そろった治療器です。
■微弱電流療法
■製品情報
■お客様の声
■講習会
■治療院検索
■ご意見・ご質問
記事(コンテンツ)の内容に関するご意見やご質問はこちらから

発売元 一光化学株式会社

カウンタ
Top > 微弱電流療法 > 姿勢による痛みの発生 > 姿勢のチェック

姿勢のチェック

 私たち人間は直立二足歩行が特徴であり、基本的な姿勢は「やや前傾姿勢」で立ち、左右が対象です。 しかし、利き手があること等から日常の動作や姿勢が対象を保つことは難しく、一般的に左右対称の 人は存在しないと考えられます。
 姿勢のチェックとして必要なことは、患者を前後からじっくり視診します。顔のゆがみを見ることから始まり、 次に後方よりの視診が重要です。  例えば、口角が下がっている場合、両膝が開いておりO脚の可能性があります。その逆に口角が上がっていれば 両膝はついていて正常です。
 目や耳の位置に惑わされずに、首の傾きや頬の厚みなどをを診る事が大切なポイントです。


頬骨の厚み、左右のバランス


首の傾き


患者がどのような日常生活を送っているかというところに、病気・ケガ等の原因のヒントが隠されています。
 例えば、スポーツをする患者の場合は、その場でフォームをチェックし、何が原因で障害が発生しているのか 知らせることも必要です。
 障害が発生した原因の説明ができれば、痛みの悪循環から早く逸脱します。


 ※参考文献
 筋膜療法 吉岡紀夫氏著 たにぐち書店



ikko
Copyright © 2004 Ikko Chemical Inc. All Rights Reseved.